部屋で散歩時の注意点


写真 2015-09-06 11 00 38

部屋で遊ばせる際は絶対にリスから目を離さないで下さい‼︎

事故の原因で多いのは、うっかり目を離した隙に…です。

落下による骨折、誤飲、そして誤って踏んでしまう事故も発生します。

まず放しても大丈夫な環境か確認して下さい。
万が一家具の裏に入ると慣れないうちは戻ってくるのに何時間もかかります。


【チェックポイント①】

まずは出来るだけ物が少ない部屋にする。

入り込んでしまうスペースを極力なくし、箱など分かりやすいと隠れ家をおくと良いです。

シマリス自身も餌の隠し場所や寝床として運び込む姿が見られます。

初めのうちは出すスペースを狭くしてお散歩させるのがオススメです。

我が家ではベッドも壁から数センチ離し、周りを歩けるスペースにする事で何処にいるか把握できるようにしています。

また家具の隙間に置く虫除けの薬や芳香剤なども置かないで下さい。


【チェックポイント②】

電化製品の危険性。

コンセントもプラグに乗ってしまう恐れがあるので市販のカバーをつけます。

コードを齧る子もいるので注意してみましょう。

齧る恐れがある子は、コードにカバーを取り付けましょう。ホースでも代用が出来ます。


 

【チェックポイント③】
登れてしまう壁紙やカーテンは落下の危険性が非常に高いです。

もともと登るのが好きな動物なので、我が家はキャットタワーを置く事で回避しています。

万が一登るようであれば、腕を伸ばし降りるよう促しましょう。

またカーテンレールからエアコンに入ってしまうこともあるので隙間は塞いだり一時的に布で覆うなど行って下さい。


【チェックポイント④】

ドアや窓の開閉。

放している時は基本部屋の出入りは止めましょう。

慌てて締めて挟んでしまうことも。

また夏場に窓を開けていて逃げてしまうケースもあります。

網戸も要注意です。

簡単に破けてしまうものなので、よじ登っていたら穴がないか注意しましょう。


【チェックポイント⑤】

人間食べ物、タバコなどが放置されていないか。

シマリスが口にして害になるものは置かないで下さい。

植物も毒性がある物があるので注意しましょう。

またハサミなどの刃物も置かない様にしましょう。

 

ちなみにビッケとトッドが使っているキャットタワーはこちらのメーカーのものです。全く同じタイプは売り切れているようですが、大きさなどは大体同じです。