飼育環境 -大人編-


image1-(1)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベビー時代に比べると、運動量が増えるためケージに縦の長さが必要になります。

ケージの設置場所はベビー時代と同じく、直射日光の当たらない風通しの良いところへ。
止まり木などを入れて、運動しやすい環境を作ります。


 

1.ケージ

ある程度活発になってきたら、ケースタイプの飼育環境からケージに変更します。
運動量が多いので、高さがあるものがいいでしょう。
高さのあるケージだと、2階、3階とフロアを作るため、仕切りをつけているものがありますが、

シマリスにとってはジャンプをしたり、活発に運動するためのスペース確保の邪魔になるため、取ってしまってください。

☆Bikke the Choice☆

我が家のケージは高さが94cmのこのタイプを使用しています。

2.ヒーター

大人になって、季節的にも暖かくなっていれば、外してしまって構いません。
冬の寒い時期などはベビー期に使用していたものをまた使用すればOKです。

☆Bikke the Choice☆

我が家ではケージの外につける電球タイプのものを使用しています。ベビー期で紹介したものと同じヒーターです。

3.給水器

こちらもベビー期にしようしていた物を継続使用できます。

☆Bikke the Choice☆

ベビー期に紹介したものと同じ商品です。音が静かで間口が広く洗いやすいのでお勧めです。

4.ホイール

ベビー期にハムスター用などの小さいものを使用していた場合は、直径25cm以上のものに変更してあげて下さい。
大きさの目安としては、背骨が反り返っていたら小さすぎるので、大きいものに変更してください。
ホイールが嫌いで全く回さない子もいるようです。そういう場合は無理に設置せず、他の運動ができるスペースを確保するため、ホイールを出してしまってください。

☆Bikke the Choice☆

我が家ではビッケとトッドは使っているホイールが違います。
トッドは運動量が多く、活発なので、直径30cmの大きいタイプの物を使用しています。

ここではビッケの使用している25センチをご紹介。

メッシュタイプも売っていますが、トッドはスピードがあり足を引っかけ怪我しかねない状況でしたので、

サイレントホイールに買い換えました。運動量の多い子はメッシュタイプは避けた方が良いかもしれません。

5.ベッド(巣箱)

ベッドもベビー期と同じものを使えます。

 

ベッドの他にハンモックが好きな子もいます。くつろいでいる姿が見られるので、面白いです。

ハンモックは手作りで作っています。

 

6.餌入れ

我が家では穀物などのエサと果物などの生モノを入れる餌入れを分けて、2つ用意しています。
ココット皿が大きさとしてはお勧めです。100円ショップでゲットしましたが、イメージとしてはリンクのような入れ物です。

7.トイレ

こちらもベビー期と同じものを使っています。

☆Bikke the Choice☆

我が家はこれです。

8.トイレの砂

こちらもベビー期と同じものを使っています。

☆Bikke the Choice☆

ベビー期同様、固まらないタイプのトイレ砂です。しかし多少まとまるので、もし食べ物をトイレで隠してしまうようでしたら全く固まらない物にしましょう。

色付きのものはお勧めしません、固まらなくとも濡れて色素が溶け出してしまうため餌に付着した場合口にする恐れがあります。

9.敷材

大人用のケージではケージの床に金属の金網がある場合が多いと思います。
ケージの床の金網は足を引っ掛ける可能性があり、おしっこがかかるとサビやすいので、取ってしまってもいいですが、掃除が大変なので、我が家では、金網自体に新聞自体を巻き、更にその上に新聞を敷いて毎日簡単に取替え安いようにしています。
image1-(2)

他に、床全面に敷き詰めてはいませんが、この新聞を敷く事で欲しい時は必要分ちぎって持っていきます。

吸水性もあり経済的にも1番お勧めな敷材です。

ティッシュを持って行くこともありますが、長時間口に挟むと頬袋に付着する恐れがありますので運ぶ際は気をつけて下さい。

キッチンペーパーの方が安全性は高いです。

 

チップはアレルギーのある子も多いので使用の際は気を付けてください。

 

10.エサ

ペットショップからお迎えしてすぐはペットショップと同じエサを中心にあげてください。

最初のエサがなくなったら、主食として、雑穀やリスフード。副食として、果物や野菜などをあげます。
ビッケとトッドの例をあげ、詳細はこちらのページでご紹介しています。

 

11.止まり木

ケージ内での運動のための場所として、止まり木を設置しています。爪の伸びすぎの予防にもなります。

☆Bikke the Choice☆

我が家ではスパイラル・パーチという自然の木を利用した止まり木を用意しています。
写真はグリングリンですが、自然なものなので様々な形があります。

12.体重計

健康管理の一環として、体重管理も重要になってきます。
体重計といっても、一般的に料理に使用されているキッチンスケールを使います。
体重の測り方はこちらのページで紹介しています。

☆Bikke the Choice☆

特別なものではないですが、これを使っています。

13.土

シマリスは本来、巣穴を地中に作る動物なので、土で遊ぶのが大好きな子が多いです。

ビッケとトッドも大好きで、何時間も土で遊んでいることもあります。
ケージの中に土を準備するのは大変なので、土で遊べるスペースを別に作って、時々遊ばせています。

☆Bikke the Choice☆