小さく生まれてから日が浅いほど必ずしも人慣れし易い訳ではありません。

まだ若い個体はそれだけ体調が不安定で急変するリスクがあります。

最近では競争が激化しており、月齢の若すぎる子の販売が増えてきています。

理想は離乳を終えた生後2か月を過ぎた子が体調がまだ安定しているのでお勧めです。

1か月未満の子や気温差が激しい年は、ペットショップにお願いして売約済みで数日預かってもらえないか交渉してみましょう。