月に1.2回程度スケールにて体重を測ります。

アダルト個体で85〜100g前後が平均です。

個体差はありますが、120g超えてくると肥満にあたるケースが多いです。(サイズ個体差あり)

種子類や果物を与えすぎていないか、食生活の見直しをする必要があります。

座った時に脇肉が3段腹状態や伸びた状態で上から見た時に丸いシマに沿った脇線が丸くカーブだと注意です。

また下半身の脂肪が増えるとピンクのパンツを履いたような状態も一つの肥満の目安です。

ビッケは初めての秋に、貯食分を食べ続けてしまい120g の肥満リスに…

《肥満は病気の元に…》

内臓への負担や糖尿病、足腰の負担にもなります。

プクプクと可愛らしいですが、健康の為に肥満防止に努めるのも飼い主の仕事です。

体重の測り方

キッチンスケールを使っています。

好物を使いスケール上に誘導します。

警戒して乗らない場合は、餌入れそのものをスケールに置いて誘導して測る事も可能です。

またはスケールの最大数値によっては移動用キャリーにいれて、キャリーごと計るのも手段の一つです。