餌と給水ボトル

毎日餌入れと給水ボトルは洗って清潔を保ちましょう。餌を捨てる際に何を食べて、何を残しているかリスの好みの把握もしておきましょう。

給水ボトルの汚れは試験管ブラシを使用するとしっかり洗えます。(ビタミン剤や投薬をボトルに行っている方はしっかり洗いましょう。カビの原因になります)

※しっかりスポンジで水洗いするだけでも十分ですが洗剤をどうしても使って洗いたい場合は、ペット用食器洗剤を使用ししっかりと洗い流し拭き取りを行い使用して下さい。

トイレのお掃除

設置している場合は毎日交換し、トイレ自体も拭き掃除を行います。

ケージ内のお掃除

食べ残しやステージに落ちている餌やウンチを取り除きます。

この際にウンチの状態をチェックする事で健康管理にも繋がります。

巣箱内の掃除

リスは貯食の習性があるので巣箱に餌を溜め込みます。稀に果物など生ものも運んでいる事もあり、傷んで腐敗している事があるので週に数回チェックをします。

巣材は自分の匂いがある事で安心するので頻繁には交換せず週に1度汚れたら部分の交換を行えば十分です。

あまり頻繁に行うのもストレスになってしまいます。

ホイールのお掃除

意外と糞尿が飛んで汚れが付着しています。

下記のケージ掃除の際、週に二回程度拭き掃除を行なっています。

※メーカーによっては水洗いできないホイールもあるのでご確認下さい。

ケージのお掃除

使用しているのは無地の新聞紙。

保温、吸水性もあり優れています。インクもないので手足に黒くインクが写ることもありません。

1.フンキリ網は掃除はしやすいですが、足を引っ掛ける恐れもるため外したい…でも外すと引出しから脱走の恐れがある…。

そのため我が家では紙を巻いて使用しています。

2.余った四方の紙を引き出し側に折り込んでフンキリ網を通常通りはめ込みます。

3.この上に一枚新たに紙を敷きます。(少し大きめに折り、ホイールのスタンドがケージに当たる部分は音を削減する為に余った部分で壁を作っています)

1〜3までの掃除は週に2回

ケージの床が汚れるので3の床に敷いている紙一枚は毎日入れ替えます。

オシッコを端にする癖があり、引き出しの下までよく漏れている子は引き出し下にも紙を敷くと良いです。

床材を使わずに使用していますが、使う場合は床材の汚れた部分を定期的に交換するようにします。

ケージ自体は月に一度程度、天気の良い日に丸ごと水洗いし、日光で消毒すると清潔を保てます。(洗剤は使わないでください。使う場合はペット用洗剤で)

一緒に巣箱やステージなど汚れてしまった部分をヤスリで削ってお手入れします。

その場合、リスは移動ケージで待機させるのが良いです。

リスの匂いが薄くなるので、ケージ丸洗いの日は巣箱の巣材の入れ替えは避けてあげます。