一番の理解者は飼い主

シマリスは弱っている事を隠そうとします。

そんな中であれ?いつもと違うかも。と気付けるのは飼い主だけ。

SNSでよく

病院に行くか迷っています。と相談を受けますが、

どうかご自身でご判断下さい。

シマリスの1日は人間の1週間程に相当します。

あなたが誰よりもその子の理解者であり判断すべきである事を忘れないでください。

シマリス診療可能な病院は?

以前よりもシマリスを診てくれる病院は増えていますが、まだまだ少ないです。

その中でフォロワーさん達のご協力の元、全国のシマリスを診てくれた事がある動物病院の一覧を作成致しました。

かかりつけの他、セカンドオピニオン、緊急時に対応が可能な病院など見つけるのにご活用ください。

(営業時間変更やシマリス診察可能な獣医師が転院や退職している可能性もございます。必ず病院へ直接お問い合わせ下さい)

通院準備のビッケ

担当の獣医さんを見つける

獣医さんも人です。

人対人、また我が子との相性もあります。

ビッケとトッドは駒込にあるみわエキゾチック動物病院を利用しています。

私が選んだ理由は家から近く、リスを多く診ているからです。

どこに行っているか聞かれればお答えしていますが、必ずしもここに行ってくださいというわけではありません。

無理に遠方から通う事も負担になります。

シマリス受診可能な病院リストを作った理由は家から無理なく通える病院や、セカンドオピニオンなどの利用に役立つように作成致しました。

ビッケは月1の通院をしておりましたが、男性が少々苦手だった為メインの先生は女性の相性の良い先生を指名、呼吸器系などは院長にお願いしていました。

このように飼い主との相性や、その子との相性があります。

また処置段階にも飼い主それぞれの価値観があります。

例えば初診でとある病院に行きました。

リスは体も小さく現段階でどこまでの負担をかけるか、それは獣医師も考えることです。

彼らへの負担はどの程度かそれをよく理解しています。

採血やレントゲンなどだけでも、かなりの負担になります。

また病院の入れている機材で可能な診察の範囲も変わります。

しかし一方で、リスクを考え経過見の診断になると何もしてくれなかった。と感じる方もいらっしゃいます。

ただ一つ言える事は、獣医師も目の前の命を救いたいと強く思っています。

そして飼い主とその子の時間も大事に考えており、飼い主の元に元気に帰らせてあげたい、そう考えています。

もし疑問などあれば、先生に質問してコミュニケーションをとりましょう。

きちんと答えてくれる先生はかかりつけにすると良いです。

リストが飼い主様のお役に立ち相性の良い先生と出会えるきっかけになれば嬉しく思います。