タイガー

餌を蓄える冬眠時期や発情期は普段より縄張意識が強くなり凶暴化します。これをタイガーと呼んでいます。

個体差はありますが、シマリスに殺されてしまう…と思うほど凶暴です…苦笑

飼い主に慣れている慣れていないは問わず、そして度合いも個体差があります。

またその年によってなる、ならないもある為、事前に心の準備をしておくしかありません。

《時期》

8月〜4月(始まりと終わり共に個体差あり)突然スイッチが入る

日の長さや気温で季節を感じ取り、次第にタイガーモードに入ります。

《行動》

・ケージ越しに勢いよく飛びかかってくる

・足や手に血が出るほど噛みつ

・動く物に飛びかかって噛み付くなど

顎の力が非常に強いので、噛まれると非常に痛く出血もします。

そしてあのスピードで襲ってくるので恐ろしいのです。

私は足の血管を切られ、部屋に大きな血だまりが出来たほどです笑

《対策》

無理にケージから出す必要はありません。

タイガーの時期はケージから出さず、ケージのみを自分のテリトリーと認識させれば大丈夫です。

餌やりやお掃除は寝静まった夜中に行うのも一つの手です。また移動用ケージに移し行う事もできます。

少し飼い主としては寂しいですが、刺激をせずこの時期はそっと見守りましょう。

またどうしても接さなくてはならない場合、革手袋(革でないと貫通して何も意味がありません笑)、ルームシューズを着用し自分の身も守りましょう‼︎

タイガー中のシマリスは肌が出ている所を狙ってきます(手、足、首など…)

発情期

2月〜5月の時期に発情期を迎えます。

メスは発情鳴き(恋鳴き)するようになります。

周期》(個体差あり)

10〜14日間隔/うち1〜3日程度

行動

・頬を膨らましてホロホロ、ピロピロ、キィーキィーまたはしゃっくりのような高い声で鳴く

・食欲が落ち、落ち着きがなくなる(ケージ内を動き回る、ホイール爆走など

・毛艶が悪くなる

しゃっくりのように見えるので初めて見る飼い主さんはどこか身体が悪いのかと驚かれるかもしれません。

一時的な事で、発情期が過ぎればいつものように戻ります。

対してオスは気性が荒くなりタイガースイッチが入る子もいます。

動物病院では発情期入った興奮状態のオスの怪我が多いとの事で普段より注意しましょう!